ふくらはぎ健康法タオのサービス

ふくらはぎ健康法とは

万病に効く ふくらはぎ健康法マキノ出版/石川洋一著
医師の薦める健康法!ふくらはぎは、「第2の心臓」と言われており、筋肉をもみほぐすと血液の流れがスムーズになり、組織が活発化し、病気も快方に向かうと考えられています。「ふくらはぎ専科tao」で受けられる血流改善のためのふくらはぎ健康法を、ふくらはぎ健康法タオでは、介護保険サービスを使って気軽に受けることができます。

ふくらはぎ健康法2つのこだわり

  • あたためる|天然鉱石トルマリンの温熱効果で深部まで温めます
  • もむ|中国の伝統手技を取り入れ深部のコリをほぐします
効能
ヒザの痛みの緩和
高血圧の改善と予防
血行促進
冷え症の改善

ふくらはぎは「第2の心臓」?!

人体の血液は、70%が下半身に集まっています。ふくらはぎは、下半身の血液を心臓に押し戻すポンプ作用があることから、「第2の心臓」と言われています。そのポンプ作用となる筋肉の働きは、乳搾りのようであることから、「ミルキングアクション」と呼ばれています。 ふくらはぎは直立歩行をする人間に与えられた重要な器官なのです。

ふくらはぎをケアすることの意義

ふくらはぎは、全身の血液循環を促進するだけでなく、「血管の老化」を防ぐとも言われています。ふくらはぎをケアし「ミルキングアクション」を促すことは、全身の血行改善や健康維持にも役立ちます。

症状に対応するふくらはぎの部位

東洋医学では、気という一種の生命エネルギーが、経路という通路に沿ってめぐっていると考えられています。ふくらはぎは、その主要な経路が集まる場所でもあります。体調の良くない方は、図を参考にして自分の症状に対応する部位をさらに刺激するのも効果的です。

  • 頭痛、肩こり、腰痛、めまい、耳鳴り、首痛、肋間神経痛、ひざ痛、など

  • 動悸、息切れ、頭痛、イライラ、不眠、坐骨神経痛、腰痛、むくみ、膀胱炎など

  • 肝臓病、冷え性、月経不順、ホルモンの失調、更年期障害、膨満感、便秘、排尿困難など

医師が薦める健康法!

「ふくらはぎ健康法タオ」のふくらはぎに対する考え方は、医師・石川洋一先生が開発された「イシカワ・メソッド(ふくらはぎ療法)がベースとなっています。健康管理の一番の秘訣は、「血液の流れを円滑に保つこと」。血液は体内を循環することで、全身の細胞に酸素や栄養を運ぶ役割を果たしています。もし、血液の流れが滞れば、全身のあらゆる組織が、活力を失い、病気発症につながる可能性があります。その血液の流れを保つためのカギを握っているのが第2の心臓と言われるふくらはぎです。 ふくらはぎの筋肉をもみほぐすと、血液の流れがスムーズになり、組織が活発化し、病気も快方に向かうと考えられます。

ふくらはぎ健康法を体験された方の嬉しいお声

  • 中野宏子 様

    「低かった血圧が上がり、静脈瘤が消えた。大股で歩けるようになりました」

    私は、小さな頃から虚弱体質で、食も細く血行も悪かったのですが、ふくらはぎ健康法タオの「ふくらはぎ健康法」を行ってからというもの、本当に体調がよくなりました。
    まず、15年間悩まされていたふくらはぎにあった静脈瘤が、いつのまにか消えていたのには驚きました。また、アキレス腱から膝にかけてが「ふくらはぎケア」によって柔らかくなって、後ろに足を勢いよく蹴りだして大股で歩けるようになりました。つまり、私の年代によくある、おばあちゃんのチョボチョボとした歩き方がなおったんです。さらには、日舞を習っているのですが、今まで痛かった、しゃがんでから立ち上がる動作が、よろけることなく、スーッとできるようになって喜んでいます。

    よくなったのは、脚だけじゃないんですよ。なんと、「ふくらはぎケア」を続けて、いつも血圧の上が90ととても低く、貧血気味だったのが、上が129になり正常値に戻りました。効果抜群の「ふくらはぎケア」を、健康に気遣う同世代のお友達にも教えてあげたいです。

  • 伊藤恒子 様

    「高血圧も腰・膝痛も改善。足の不自由な高齢者も大喜び」

    ある日、仕事中に身体を長時間かがめていたら、腰痛が再発してしまい、あまりの痛さに耐えられず、吸い込まれるように整骨院に入りました。 そこで、「ふくらはぎ健康法」を初めて知りました。「ふくらはぎ健康法」を続けていると、全身の血行がよくなって肌がイキイキとするのがいいですね。高かった血圧も正常値になり、職場でも最近元気で若々しいね、と声をかけてもらえるようになりました。痛むことが多かった腰や膝もずいぶんよくなって、身体が軽く感じるようになったんですよ。

    私は、介護福祉士なのですが、職場の高齢者の方の筋力低下による血行不良の解消にも、「ふくらはぎケア」をやってみることにしたんです。
    すると、「もう年だから」「足が不自由だから」と健康になることをあきらめている人が多いのですが、「ふくらはぎケア」をやさしくしてあげると、気持ちよさそうな表情に変わって、身体が温かくなるのがわかりました。受けて下さった方も効果を実感してくれているようで、とてもうれしいです。

  • 矢崎としかず 様

    「ふくらはぎ健康法により、脳梗塞後のリハビリに大きな効果」

    現在、69歳の私の母は、一昨年の九月、昨年の四月と立て続けに脳梗塞を起こし、合わせて一年もの入院生活を強いられました。二回目の発症時には、左半身が完全にマヒしました。当初は、回復は困難と見られていましたが、幸い、リハビリにいくつかの代替療法を併用すると、回復が促進しました。食事の支度や入浴など、身の回りのことは自分でできるようになっています。そして、この二度目の入院中に母が取り組んだ代替療法の一つがふくらはぎ健康法だったのです。血圧が急上昇したときに、試したところ、驚くべき効果を発揮したため、続けています。 「ふくらはぎは第二の心臓」と言われていますが、納得です。母のふくらはぎをもみ、硬かった筋肉がほぐれて弾力性が戻ってくると、顔の血色までもよくなってくるのです。母が最も気持ちいいと感じるのは、ふくらはぎをマッサージされている時のようでした。

PAGETOP